痛風にならないようにするために普段の食生活はもちろんのこと、定期的な健康診断は痛風だけでなく様々な病気の予防に有効です!

ザイロリック促進部トップバナー

健康診断の重要性

健康診断の重要性

風が吹いただけでも激しい痛みを伴ってしまう痛風…できればそのような痛みを経験したくないですよね?
痛風患者の多くは中年男性で、痛風発作がでてしまったがために仕事も休まざる負えなくなったという人もいらっしゃることでしょう。

しかも痛風は一度発症してしまうと必ずと言っていいほど再発してしまうのです。
一度経験した激しい痛みをまた経験してしまうのかと考えるとそれはとても恐ろしい事です。
ではどのようにするれば痛風発作を回避することができるのでしょう?
ズバリその答えは定期的な「健康診断」です。

痛風は通常尿酸値が異常にあがってしまうことで、足の指の根本や関節などに結晶がたまってしまい激痛が起こります。
結晶は尿酸値が原因でできてしまうので、この尿酸の値が高くないかを定期的に検査する必要があるのです。

尿酸値が7.0mg/dL 痛風には痛風予備群というものがあり決して急に起こる病気ではありません。健康診断を受けて、尿酸値が7.0mg/dLだった場合は、かなり注意が必要でしょう。

痛風は40代から50代に多いと考えられており、会社の健康診断を定期的に受けている人は自分の数値を理解していると思いますが、定期的な健康診断を受けていない場合、1年に1回は必ず受けるようにしてください。

健康診断の結果の項目に尿酸値がありますので、7.0mg/dL以上だった場合は日常生活の改善を試みましょう。
数値が高い場合は高尿酸血症になってますので、プリン体などに気を付けなければいけません。
健康診断にはいくつか項目がありますが、尿酸値を検査するためには血液検査が必要です。

高い尿酸値だからと言って必ず痛風になるわけではありませんが、いつ痛風発作がおこるかわからないという爆弾を抱えていることになります。
さらに尿酸値が高いと痛風だけでなく、腎障害や、尿路結石など痛風よりも激しい痛みを伴う病気になってしまう恐れもあるのです。

尿路結石は救急車で運ばれる人がいるほどの激しい痛みを感じてしまうこともあるので、避けれるのであれば避けたいですよね。

そのためにもやはり定期的な健康診断は必要で、尿酸値が通常よりも高いもしくは高くなりそうであれば、暴飲暴食は控えなるべくプリン体の少ない食事を選択するようにしましょう。



2016.07/26
痛風とは体内に尿酸が溜まり、それが結晶化してしまうことでひど…
2016.06/12
酸は新陳代謝によって細胞が破壊されプリン体も分解され尿酸にな…
2016.06/01
ある日突然「足の先が痛い!!歩けない!!」などと衝撃の激痛を…
2016.05/04
痛風の症状がでてしまう、もっともの原因がビールだと思っている…
2016.04/24
痛風の緩和に効果的とされ、医療機関などでも用いられるザイロリ…
2016.04/13
病気には激痛を伴うものがいくつかありますが、 トップ3の痛みを…
2016.03/20
痛風の予備軍はなんと日本国内だけで600万人以上もいるといわれ…
2016.03/20
風が吹いただけでも激しい痛みを伴ってしまう痛風…できればその…