痛風になる理由としては様々な原因が考えられますが、日常の生活においては食生活以外にもストレスによる影響が大きいです。

ザイロリック促進部トップバナー

痛風になる理由

プリン体が体内に取り込まれる 酸は新陳代謝によって細胞が破壊されプリン体も分解され尿酸になります。
食べ物を摂取することによってプリン体が体内に取り込まれます。
大体1日700ミリグラムの尿酸が体内で生産され、同様の分量の尿酸が尿として体内から排泄されます。

体内にはもともと尿酸が一定量あり、正常な方は1200ミリグラムくらいあると言われています。

この1200ミリグラムの内、700ミリグラムが毎日入れ替わっています。
もともとある尿酸のバランスが崩れることにより1200ミリグラムから尿酸の量が増えていくと血液内の尿酸値も上昇していきます。

上昇しすぎると高尿酸血症と呼ばれる状態となってしまいます。
高尿酸血症の状態になると痛風の症状が出てしまい、痛みの発作を起こします。

痛風になる理由 痛風とは、名前の通り風が吹くだけでも痛いと言われる病気です。
初期の症状として、足の親指が赤く腫れ、痛みを伴います。

これが痛みの発作と呼ばれるものです。
この発作が起こると足が動かせないくらいの激しい痛みが起こります。
これは尿酸が体内に溜まりすぎてしまい結晶化し、関節に溜まることで起こります。

また症状を放置してしまうと高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を合併することがあるので、早期の対策が必要となります。

痛みの発作がでている場合には痛みを止めることが第一の治療となりますが、痛みのない状態の時は血液の中にある尿酸を減らす治療を行います。
痛みの発作を抑える場合には非ステロイド系の薬である、消炎鎮痛薬などが用いられます。
尿酸を減らす場合には、ザイロリックという薬を使います。
ザイロリックとは、血液中で上昇してしまった尿酸値を下げる効果がある薬です。

また最初の服用で、痛みの発作を誘発してしまう場合がありますが、関節に溜まっている尿酸の結晶が溶け出すために起こるので、ある程度の痛みの発作は仕方のないものと考えてください。

痛風になる原因 重篤な副作用は滅多に発現しませんが、肝機能に障害がでたり、血液障害などが起こることがありますので初期症状のために念のために注意してください。

薬の治療と同時に生活習慣の見直しもしなければなりません。
プリン体が含まれている食事は口にすることはできず、厳しい食事の制限が課されます。

また適度な運動を取り入れ、1日2リットル以上の水を摂取し、尿を多く出すようにしましょう。
痛風にならないためにも日ごろから対策するようにしましょう。


ストレスと痛風

ストレスと痛風 痛風になる主な原因は上述で記載した通りですが実はストレスが要因で痛風になってしまうこともあるのをご存知でしょうか?
絶対的な原因とまではいきませんが、ストレスのせいで痛風発作の引き金を引いてしまう可能性は大いにあることなのです。

痛風患者の多くは40代から50代の中年期の男性です。
通常この年代になれば抱えているトラブルや責任が大きく、サラリーマンであれば仕事面でも若いときに比べ重大な責務を任されていることが多いのでしょう。
そして結婚していれば子供がいる人もいるでしょうし、その子供も成長し悩みは底なしに溢れてきます。
家族を持つことが癒しとなる人もいれば家族がストレスの要因ともなってしまう人もいるのです。

ストレス 最近仕事に対してやる気がない、体が疲れやすい、不眠症気味だ、
これらに当てはまるようなことがあればストレスを多く感じてしまっているかもしれません。

ではなぜストレスは痛風に関わってくるのかと説明いたしますと、尿酸値は通常バランスよく量産され排出されなければいけません。
しかしストレスを感じてしまうと、尿酸の排出量が減少してしまうからなのです。

尿酸は腎臓において尿と一緒になり体の外へ排出される仕組みですが、ストレスを抱えるとホルモンの分泌量が減少してしまい尿酸が腎臓から排出しづらくなってしまい、尿酸が排出されなければ量産とのバランスが悪くなり、一方的に増えることになり、痛風にもなりやすくなるのです。

暴飲暴食 抱えるストレスが多い人は飲酒量も増えたり暴飲暴食に走る傾向もあります。
お酒のアルコールは尿酸値を上げやすくしてしまい、特にビールは尿酸の元のプリン体をたくさん含んでいるので、さらに悪影響となってしまいます。
ストレスを発散する為に急激な運動などは逆に尿酸を高めてしまう可能性があるので、運動をする場合は緩やか有酸素運動が最適です。

責任感の高い人ほどストレスがたまりやすいのでちょうど40代から50代になると責任が重いことが多くなってきます。

もちろんまじめに仕事に取り組むのは当たり前で、素晴らしい事ですが考え方を少し軽く考えてみるとストレスが軽くなるかもしれません。

痛風は一度経験してしまうと再発することがほとんどです。
ストレスを無くすのは不可能ですが、軽減させることはできるので痛風にならないためにも一度考え直してみましょう。

2016.07/26
痛風とは体内に尿酸が溜まり、それが結晶化してしまうことでひど…
2016.06/12
酸は新陳代謝によって細胞が破壊されプリン体も分解され尿酸にな…
2016.06/01
ある日突然「足の先が痛い!!歩けない!!」などと衝撃の激痛を…
2016.05/04
痛風の症状がでてしまう、もっともの原因がビールだと思っている…
2016.04/24
痛風の緩和に効果的とされ、医療機関などでも用いられるザイロリ…
2016.04/13
病気には激痛を伴うものがいくつかありますが、 トップ3の痛みを…
2016.03/20
痛風の予備軍はなんと日本国内だけで600万人以上もいるといわれ…
2016.03/20
風が吹いただけでも激しい痛みを伴ってしまう痛風…できればその…