痛風はいきなりなる病気だと勘違いされがちですが、実際には前触れがあり、前触れの時点で治療をするのが最善の痛風予防です!

ザイロリック促進部トップバナー

痛風の前触れ

痛風の前触れ

ある日突然「足の先が痛い!!歩けない!!」などと衝撃の激痛を感じてしまった…これは恐怖の痛風の始まりです。
痛風は、その字の如く足に風があたっても激痛が走ってしまう病気でびっくりするぐらい痛いことで有名です。

ではこの痛みの発作は突然起きてしまうのですが、実は常日頃の生活などからジワジワと溜まりに溜まって爆発した結果、痛みとなり身体を駆け巡る事になります。

尿酸の結晶が関節にたまる 前触れもなく症状が出ると思われがちですが、人によっては徐々にその症状は出始めているのです。
血液中の尿酸値があがることによって、尿酸にある結晶が関節にたまってしまい、それを基に炎症がおこり痛みへとつながってしまいます。

激痛が走るときは足の指の根本あたりに症状が出るのですが、前触れとしては指やくるぶしあたりが痺れてしまったり、ピリピリしだしたら怪しんだほうがよいでしょう。

これらの症状がいったん収まり、そしてまた症状が出たりと繰り返し段々と悪くなってきてある日突然爆発してしまうのです。

爆発してしまったら継続して痛みを感じてしまうことになるのでその前に尿酸値を下げたり食事を気を使う必要があります。
痛風になりやすい食事やアルコールなどがあり、尿酸値が溜まりやすい食事は避けるようにしましょう。

特にビールはプリン体が多く含まれており、アルコールとの同時接種により尿酸値が非常にたまりやすいとされています。
プリン体は尿酸を老廃物として放出するので必然的に尿酸がたまっていってしまいます。
尿酸値が上がることにより、結晶になってしまいそれが原因で激痛を感じてしまうのです。

爆発してしまう前は痛みなどがたまに治まるので病院へ行かないで、そのままの状態にしてしまっている人が沢山いますが、前触れが出始めたころに治療することで激痛を防ぐこともできますので、早目の治療を志しましょう。

実は初期症状ですが、ほとんどの人が足の親指あたりに現れるのですが、中にはひざや、手の甲や関節指などにも表れだします。
痛風を経験したことがある人はこの前触れも次第に分かるようになり、「あ、そろそろあの激しいのがやってくるな。」と感じ取れるそうです。

そんな激痛が訪れる恐怖と毎日生活していくのはとても辛く苦しい生活だとは思いませんか?

尿酸の結晶が関節にたまる せっかくのお出掛けや、家族との旅行、最愛の人との大切な時間ですらも激痛により良い思い出にできないなんて可能性も十分にあります。
そのような状態になる前に常日頃の生活を改善させ、症状を抑える必要があります。

2016.07/26
痛風とは体内に尿酸が溜まり、それが結晶化してしまうことでひど…
2016.06/12
酸は新陳代謝によって細胞が破壊されプリン体も分解され尿酸にな…
2016.06/01
ある日突然「足の先が痛い!!歩けない!!」などと衝撃の激痛を…
2016.05/04
痛風の症状がでてしまう、もっともの原因がビールだと思っている…
2016.04/24
痛風の緩和に効果的とされ、医療機関などでも用いられるザイロリ…
2016.04/13
病気には激痛を伴うものがいくつかありますが、 トップ3の痛みを…
2016.03/20
痛風の予備軍はなんと日本国内だけで600万人以上もいるといわれ…
2016.03/20
風が吹いただけでも激しい痛みを伴ってしまう痛風…できればその…