完治が難しいとされる痛風ですが、ザイロリックを飲む事で痛みを緩和することができます!痛風にお困りの際はザイロリック!

ザイロリック促進部トップバナー

痛風(通風)とは

痛風(通風)とは

痛風とは体内に尿酸が溜まり、それが結晶化してしまうことでひどい関節痛を伴った症状の病気です。
痛風患者を男女比でみると98%以上が男性で女性は2%未満と、圧倒的な差があります。

これほど男女差がはっきりした病気も珍しいと思いますが、それにはちゃんと理由があります。
痛風の原因となる尿酸値は女性の方が男性よりも圧倒的に低いことによるのですが、女性ホルモンには尿酸の排出を促す働きがあるためと考えられています。
では、男女比は分かったとして、実際どんな人がなりやすい病気なのか…それには主に2つの要因があります。

まずひとつは遺伝的要因です。
これはもう回避しようがないので、親族に痛風患者がいる方は、定期健診を怠らないことです。

もうひとつは、環境的要因です。
一般に「痛風は贅沢病だ」などと言われていますが、贅沢はしないまでも食生活の問題が主な原因といえます。

実際、痛風患者の多くは肥満であり、肥満度は尿酸値の高さに比例します。
野菜や乳製品は痛風を和らげる 無理な栄養管理は難しいとは思いますが、肉食や海産物は痛風の敵ともいえますので、過度な摂取には注意が必要です。
逆に野菜や乳製品は痛風を和らげるといわれています。

そして飲酒もまた痛風には大敵です。
体内でのアルコールの分解が尿酸値を上げるのですが、特にビールなど一部のアルコールには、よくTVCMで耳にするプリン体という物質を多く含んでおり、これが痛風になりやすくするとされています。

これらを一切やめ、ビーガン(ベジタリアン・菜食主義者)のような生活をしろといわれても現代社会・特にに日本で野菜だけの食事を摂り続ける事は困難です。

食事もトレーニング 実際、お付き合いなどで外食をしなければいけないとき、肉や魚が一切含まれない料理を出す店というのはベジタリアンフード以外の店ではオニギリ屋さんくらいしか思いつきません。
そういった場合、どうしても普通の食事を摂らなければいけないのですが、そういったときに備えザイロリックは手放せません。



アロプリノールの働き

アロプリノールの働き 痛風の治療にはザイロリック(製品名)が使用されます。

一般名はアロプリノールで、ほかの痛風治療薬と異なる作用を持ち合わせており、体の中で尿酸を合成させるのを阻害する働きがあり、高尿酸血症を予防することが出来ます。

血中の尿酸値が7.0mg/dlを超えた場合に使用するのですが、尿酸酸性過剰型の人により効果的で、尿に排出される尿酸を減少させることが出来るので、尿路結石も併発している人にとっても最適です。

尿酸は通常、プリン体、ヒポキサンチン、キサンチンが核酸から作られます。ヒポキンサンが尿酸へ代謝するのに必要な働きをするのがキサンチンオキシダーゼと呼ばれている酵素になります。

アロプリノールはそのキサンチンオキシダーゼという酵素の作用を阻害する働きを持っており、尿酸を作りにくくしてくれるのです。

キサンチンオキシダーゼ阻害薬 それにより血中尿酸値が減少していきバランスを保てるようになるのです。
これらの働きによりアロプリノールは別名キサンチンオキシダーゼ阻害薬とも呼ばれております。

通常痛風や、高尿酸血症を伴った高血圧症などの治療に使用されますが、尿酸排泄亢進によっての低尿酸血症にも使用されることがあり、尿路結石を防ぐためになります。
高圧利尿剤を利用している患者でも使用することが出来、一般的には2ヶ月から3か月ほど使用することで効果を感じられるようになります。

尿酸降下薬の中でも代表的なもので、長い歴史を誇っており日本ではザイロリックという製品名でグラクソ・スミスクライン製薬会社から販売されています。

激しい痛み 尿酸自体は毒性があるわけではないので、体内にあることに対してなんら問題はないのですが、排出と生産のバランスが乱れることに問題があり、さらに結晶化することで激しい痛みを感じてしまうのです。

アロプリノールは痛風の原因の尿酸の合成を抑える働きがあり、尿酸産生を抑えてくれるのです。
アロプリノールがキサンチンオキシターゼに対して働きかけるときに酸化されアロキサンチンへとなるのですが、アロキサンチンもキサンチンオキシターゼを阻害してくれるので二重に阻害してくれるのです。

痛風を放置すると
痛風は一度発症してしまうと再発の可能性が高く、完治はとても難しいという事を理解し、痛風にならないように予防する事がとても大切です。

アロプリノールによって痛風を防ぐことはできますが、お薬だけではなく日々の生活を改善させるようにしましょう。

ザイロリックの正しい飲み方

ザイロリック 痛風になった一般的には場合病院へ行きますが、そこで処方されるのがザイロリックです。
現代では海外医薬品の通販などでも購入する事が可能で、通販による購入だと通院する手間や費用を省くことができます。

有効成分アロプリノールで、服用することで尿酸値を下げることが出来ます。
ザイロリックを飲むにあたって注意しなくてはいけないことがあるのですが、それは痛風の発作が出ているときには飲んではいけません。
痛風の激しい痛みをさらに誘発してしまう危険があるからです。

最初痛風の発作が出たときは鎮痛剤などで痛みをやわらげ、それから激しい痛みがなくなったころに徐々に尿酸値を下げていくためにザイロリックも少量から始めます。

服用中、痛風の発作が出てしまうことも稀にありますが、これは尿酸の結晶が関節から溶け出しているからなので心配はありません。
尿酸が関節内から溶け出し排出されると次第に痛風発作が起こらなくなります。

尿酸値を急に下げると痛風発作が起こる原因

尿酸値はゆっくり下げるように工夫し、初期投与の際に尿酸が移動してしまうのでどうしても痛みを伴ってしまうので最初の1週間程度は1日に対して100mgの経口投与が望ましいと考えられています。
ザイロリックは痛風に対して比較的多く処方されている治療薬ですが、服用に関して注意が必要ですので必ず決められた容量や用法通りに服用することが求められています。

コップ一杯以上の水 服用する時には十分な水分が必要です(コップ一杯以上の水)
尿の量が少なくなってしまうと、薬の効果が期待できなくなってしまうので特に夏場は痛風になりやすくなっており充分な水分は治療の根本的にも必要ですので、なるべく多く水分を取ってください。

もしザイロリックの使用を継続して痛風の症状が悪化した場合は、医師に相談しほかの痛風の治療薬を使用してください。

上述にも記載しましたがザイロリックは日本では処方箋薬で医師の処方のもとにより購入することが出来ますが、海外の医薬品であれば個人で使用する限り海外から購入することが出来ます。
この場合は医師の処方が必要にならず診察代もかからないで安価に購入することが出来ます。

ザイロリックはジェネリック薬品も多数販売されているので選択することが出来ます。

もちろん個人で購入する場合は医師の診断ではないのですべて自己責任になることを覚えておきましょう。
服用方法をきちんと確認し、決められた通りに服用してください。


2016.07/26
痛風とは体内に尿酸が溜まり、それが結晶化してしまうことでひど…
2016.06/12
酸は新陳代謝によって細胞が破壊されプリン体も分解され尿酸にな…
2016.06/01
ある日突然「足の先が痛い!!歩けない!!」などと衝撃の激痛を…
2016.05/04
痛風の症状がでてしまう、もっともの原因がビールだと思っている…
2016.04/24
痛風の緩和に効果的とされ、医療機関などでも用いられるザイロリ…
2016.04/13
病気には激痛を伴うものがいくつかありますが、 トップ3の痛みを…
2016.03/20
痛風の予備軍はなんと日本国内だけで600万人以上もいるといわれ…
2016.03/20
風が吹いただけでも激しい痛みを伴ってしまう痛風…できればその…